複数受講割引対象講座 【005】平安朝の日記をよむ蜻蛉日記

2009年春

受付終了
講座番号 005
開催日 2009/04/22 ~ 2009/07/08
曜日
時間 10:40 ~ 12:10
回数 全6回
定員 25名
最少催行人数 8名
受講料 18,000円
教材費(全員対象)
テキスト・教材:窓口購入できます
  • 新編日本古典文学全集「土佐日記・蜻蛉日記」(小学館) 4,080円
    *すでに「蜻蛉日記」(原文付き)をお持ちの方は、そちらでも結構です。

講座詳細

平安時代の女性の日記をシリーズで読む講座です。前回につづき蜻蛉日記を原文で読んでいきます。 蜻蛉日記は、道綱母とよばれる女性が、のちに摂政太政大臣となる藤原兼家との結婚生活をつづった もので、一夫多妻制度のなかでの苦悩が驚くほど率直に表現されています。中巻に入ると、兼家との 距離はさらに広がります。心細さをかかえた道綱母が見つめた兼家の姿や源高明の左遷事件、そして 息子への思いなどを読みすすめます。

平安朝の日記をよむ

講師

伊東祐子(イトウユウコ) 都留文科大学講師

【プロフィール】
1988年学習院大学大学院人文科学研究科国文学専攻博士課程修了。文学博士。都留文科大学非常勤講師。著書「藤の衣物語絵巻(遊女物語絵巻)影印・翻刻・研究」、「源氏物語の鑑賞と基礎知識横笛・鈴虫」(共著)(至文堂)、「平安時代文学美術語彙集成」(共著)(笠間書院)。

伊東祐子先生

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 4/22(水) 10:40~12:10 伊東 祐子
2 5/13(水) 10:40~12:10 伊東 祐子
3 5/27(水) 10:40~12:10 伊東 祐子
4 6/10(水) 10:40~12:10 伊東 祐子
5 6/24(水) 10:40~12:10 伊東 祐子
6 7/8(水) 10:40~12:10 伊東 祐子

受付終了

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.