複数受講割引対象講座 【024】短歌を読む・作る 一部

2009年春

受付終了
講座番号 024
開催日 2009/04/22 ~ 2009/07/15
曜日
時間 13:00 ~ 14:30
回数 全10回
定員 25名
最少催行人数 8名
受講料 30,000円
教材費(全員対象)

講座詳細

環境問題、金融危機、戦争、さまざまな不安を抱える日々となりました。そのなかで、私たちは何を 感じ、考え、どのように生きていったらいいのか。短歌は五七五七七という小さな詩型ですが、「万葉 集」以来、人々の喜びや悲しみを伝える詩型となってきました。先人の歌を読み、あわせて自分でも 作ってみることで、日本に伝わる脈々とした感情の流れを実感していきたいと思います。今日から、 日々の思いを短歌に表してみませんか。

注意事項

できれば初回に、自作一首をご持参ください。

講師

佐伯裕子(サエキユウコ) 歌人

【プロフィール】
1970年学習院大学文学部国文学科卒業。短歌結社「未来」選者。歌集に『春の旋律』『未完の手紙』(第2回河野愛子賞)『みずうみ』『流れ』(第41回日本歌人クラブ賞)『感傷生活』、エッセイ集に『齋藤史の歌』『生のうた死のうた』などがある。

佐伯裕子先生

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 4/22(水) 13:00~14:30 何をうたうか~明治以来の秀歌をテキストにする 佐伯 裕子
2 5/13(水) 13:00~14:30 何をうたうか~明治以来の秀歌をテキストにする 佐伯 裕子
3 5/20(水) 13:00~14:30 何をうたうか~明治以来の秀歌をテキストにする 佐伯 裕子
4 5/27(水) 13:00~14:30 どのように作るか~比喩などの方法を考える 佐伯 裕子
5 6/3(水) 13:00~14:30 どのように作るか~比喩などの方法を考える 佐伯 裕子
6 6/10(水) 13:00~14:30 どのように作るか~比喩などの方法を考える 佐伯 裕子
7 6/17(水) 13:00~14:30 受講生の歌をどう読むか 佐伯 裕子
8 6/24(水) 13:00~14:30 受講生の歌をどう読むか 佐伯 裕子
9 7/1(水) 13:00~14:30 受講生の歌をどう読むか 佐伯 裕子
10 7/15(水) 13:00~14:30 10回分の受講生の作品集を読む 未定

受付終了

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.