複数受講割引対象講座 【035】中世ヨーロッパの歴史中世の秋の時代Ⅱ

2009年春

受付終了
講座番号 035
開催日 2009/05/20 ~ 2009/07/15
曜日
時間 15:00 ~ 16:30
回数 全5回
定員 25名
最少催行人数 8名
受講料 15,000円
教材費(全員対象)

講座詳細

ホイジンガは、「中世の秋」は中世文化が豊熟し、また枯死する季節である。しかし、その豊熟と枯死 が作る豊かな土壌に新しい文化が養分を吸い、やがて花を咲かせる、と考えました。 当時、パリに住んで日記をつけていた人が、セーヌ川の洪水を観察して、「高さにして2尺ほど昨年の 出水を上回った」と書く。ヘンリー王が、「馬上槍試合は後にしよう。まず敵を討ちに出かけよう」と 指令する。日記の筆者やヘンリー王のこの言動には、中世を乗り越える視線が感じ取れます。

注意事項

*参考図書:『中世ヨーロッパの歴史』(講談社 学術文庫)、ヨーハン・ホイジンガ『中世の秋』 (堀越孝一訳、中公クラシックスW1,4) 講座開始後、講師よりご案内いたします。

講師

堀越孝一(ホリコシコウイチ) 学習院大学名誉教授

【プロフィール】
1933年東京に生まれる。学習院大学名誉教授。テキストに掲げた著述の他『ブルゴーニュ家』(講談社現代新書)『わが梁塵秘抄』(図書新聞)など著述は多岐にわたるが、ホイジンガの『中世の秋』(中央公論新社)をはじめ翻訳物も数多い。とりわけ『ヴィヨン遺言詩注釈』は、著述と翻訳の両面にわたる大部の仕事で、1997年から2002年にかけて小沢書店から4冊本を出版。現在、悠書館から再刊中。また、『パリの住人の日記』訳注の仕事も開始。すでに第1巻、第2巻を八坂書房から刊行し、引き続き第3巻刊行の作業中。

堀越孝一先生

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 5/20(水) 15:00~16:30 カンタベリー物語
チョーサーが序文に書いた人物群像が
生活の様子を映している
堀越 孝一
2 6/3(水) 15:00~16:30 アザンクールの戦い
イングランド王家が百年戦争を再開して
ノルマンディーを占領した
堀越 孝一
3 6/17(水) 15:00~16:30 オルレアンの戦い
ジャンヌダルクが歴史に華々しく登場して
伝説の中に姿を消した
堀越 孝一
4 7/1(水) 15:00~16:30 金羊毛騎士団
ブルゴーニュ侯家が南と北の領国を合わせて
一つの国を作ろうとした
堀越 孝一
5 7/15(水) 15:00~16:30 ヴィヨン遺言詩集
平和と戦争の歴史が一冊の日記と詩集のうちに
美しく記録された
堀越 孝一

受付終了

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.