複数受講割引対象講座 【020】戦国武将の「遺言状」(二)死を覚悟した人間の心の奥底と生き様を探る

2011年秋

受付終了
講座番号 020
開催日 2011/10/04 ~ 2011/11/08
曜日
時間 10:40 ~ 12:10
回数 全5回
定員 30名
最少催行人数 8名
受講料 15,000円
教材費(全員対象)
テキスト・教材:窓口購入できます
  • 「戦国武将の遺言状」(文藝春秋) 730円

講座詳細

遺言や辞世は、人間が死に直面し、己の死を覚悟した時か、臨終を迎えて最期に遺す言葉である。そこには、それぞれの生涯を省みての深い心底を垣間見ることが出来る。今回も、戦国乱世を生き抜いた4名の武将を選んで、その生き様を「遺言状」や「書置」を通して、「死」の覚悟を考えてみます。「死の覚悟」ある武将であっても、人間的な苦悩もあり、その矛盾を探り出してみたいと思います。講義では、たんに「遺言状」の解説ではなく、その人間性と生き様に視点をおいてお話します。なお、講義ではテキスト以外の資料を毎回配付します。

注意事項

*講義項目の順を変更する場合があります。

講師

小澤富夫(オザワトミオ) 元玉川学園女子短期大学教授

【プロフィール】
1960年学習院大学大学院人文科学研究科修士課程修了。哲学博士。元玉川学園女子短期大学教授。著書「家訓」(講談社学術文庫)、「武家家訓遺訓集成」、「歴史としての武士道」(ぺりかん社)、「おとなの江戸東京ドリル」(共著、ダイヤモンド社)、「武士としては」(雄山閣)「戦国武将の遺言状」(文春新書)など。

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 10/4(火) 10:40~12:10 「腹を切って部下を救うは名誉なり」  吉川経家 小澤 富夫
2 10/11(火) 10:40~12:10 「偉大なる父元就と己の無才無器量に苦悩する二代目」  毛利隆元 小澤 富夫
3 10/18(火) 10:40~12:10 「偉大なる父元就と己の無才無器量に苦悩する二代目」  毛利隆元 小澤 富夫
4 10/25(火) 10:40~12:10 「娘よ武士に嫁ぐな」と書置きした城将  森長可 小澤 富夫
5 11/8(火) 10:40~12:10 「伏見城を死守するは、三河武士の生きる道」  鳥居元忠 小澤 富夫

受付終了

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.