複数受講割引対象講座 【025】洒落たおとなのための日本語学教養としての日本語を嗜む

2012年春

受付終了
講座番号 025
開催日 2012/06/20 ~ 2012/07/18
曜日
時間 13:00 ~ 14:30
回数 全3回
定員 28名
最少催行人数 8名
受講料 9,000円
教材費(全員対象)

講座詳細

コミュニケーションの手段が多様化する昨今、日本語の使われ方にも大きな変化が見られるようになりました。「週刊朝日」の編集長を務めた敏腕ジャーナリストが、日本語の過去と現在、そしてこれからの在り方について、深く鋭く切り込みます。本講座は、日本語を教養として嗜む、おとなのための講座です。

講師

川村二郎(カワムラジロウ) 日本語検定委員会顧問 元「週刊朝日」編集長

【プロフィール】
「週刊朝日」編集長、朝日新聞編集委員などを歴任した文筆家。日本医師会広報委員。日本語検定委員会審議委員。主な著書に「学はあってもバカはバカ」(かまくら春秋社2007年)「孤高国語学者大野晋の生涯」(東京書籍2009年)、「夕日になる前にだから朝日は嫌われる」(かまくら春秋社2010年)など。

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 6/20(水) 13:00~14:30 言葉と日本文化 川村 二郎
2 7/4(水) 13:00~14:30 メディアが日本語をこわす 川村 二郎
3 7/18(水) 13:00~14:30 “一流”と呼ばれる人々の言葉
(司馬遼太郎、大野晋、王貞治など)
川村 二郎

受付終了

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.