複数受講割引対象講座 【W06】(冬)仏教美術の世界日本の仏教美術の流れⅤ  僧と神の姿

2012年冬

受付終了
講座番号 W06
開催日 2013/02/06 ~ 2013/03/06
曜日
時間 13:00 ~ 14:30
回数 全2回
定員 40名
最少催行人数 8名
受講料 6,000円
教材費(全員対象)

講座詳細

平安時代の宗教美術の中から、春期・秋期でふれることができなかった僧の肖像と神仏習合の美術を取り上げます。祖師の肖像は、単に弟子や信者の尊崇の対象となるばかりでなく、宗 派の伝統性や正統性を示す役割も担っていました。また神への信仰は仏教と密接に結びつき、仏は神の本体(本地)、神は仏の仮の姿(垂迹)とみなす思想が確立します。こうした思想を背景に生み出された作品を紹介していきます。

(冬)仏教美術の世界

講師

吉田典代(ヨシダノリヨ) 学習院大学講師

【プロフィール】
1993年学習院大学大学院人文科学研究科哲学専攻博士後期課程単位修得。哲学博士。学習院大学非常勤講師。NHK学園講師。著書に「日本の仏教美術の流れ」(NHK学園テキスト)、「仏像の美-ほとけの見分け方」(NHK学園)、「仏像の美-仏像を究める」(NHK学園、非売品)など。

吉田典代先生

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 2/6(水) 13:00~14:30 高僧の肖像 吉田 典代
2 3/6(水) 13:00~14:30 神とほとけ 吉田 典代

受付終了

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.