複数受講割引対象講座 【W17】イタリア文化講座近代の宗教・文化の諸問題

2013年冬

受付終了
講座番号 W17
開催日 2014/01/16 ~ 2014/03/06
曜日
時間 18:45 ~ 20:15
回数 全3回
定員 60名
最少催行人数 8名
受講料 9,000円
教材費(全員対象)

講座詳細

21世紀はローマ教皇庁に新たな動きが起こっています。ルネサンス時代以来、初の非イタリ ア人の教皇だったヨハネパウロ2世は早くも聖人への道を進んでいます。このあとのベネデ ィクト16世もまた非イタリア系でしたが、中途で退任をし、目下新たな教皇に替わっています。現教皇フランシスコであり、イエズス会の出身です。ともに中世の著名な修道会を意識しての教皇名です。これに対し、イエズス会はルネサンスに誕生しました。本講座では、ローマカトリック教会が大きく変わる16世紀のトレント公会議の時代の宗教と文化の問題を考えてみたいと思います。それは宗教改革に対抗する姿勢が明らかであるとともに、カトリック文化を強く前面に出す時代でもありました。これはしばしばバロック芸術と呼ばれます。ルネサンスの社会や芸術とどう違うのかを考えてみたいと思います。

講師

根占献一(ネジメケンイチ) 学習院女子大学教授

【プロフィール】
学習院女子大学教授。早稲田大学大学院文学研究科博士課程満期退学。文学博士。イタリア・ルネサンスの文化と思想を研究しながら、その世界的広がりに注目している。著編書に、『イタリア・ルネサンスの霊魂論―研究と翻訳』(三元社)、『ロレンツォ・デ・メディチ―ルネサンス期フィレンツェ社会における個人の形成』(南窓社)、『フィレンツェ共和国のヒューマニスト―イタリア・ルネサンスの研究(正)』、『共和国のプラトン的世界―イタリア・ルネサンスの研究(続)』、『ルネサンス精神への旅』(以上すべて創文社)。

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 1/16(木) 18:45~20:15 トレント公会議―その経緯と結果 根占 献一
2 2/13(木) 18:45~20:15 公会議時代の文化 根占 献一
3 3/6(木) 18:45~20:15 バロック精神と世界 根占 献一

受付終了

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.