複数受講割引対象講座 【024】歴史の証人(3)榎本武揚の清国公使時代( 2 )

2015年秋

受付終了
講座番号 024
開催日 2015/10/06 ~ 2015/11/24
曜日
時間 15:00 ~ 16:30
回数 全4回
定員 60名
最少催行人数 8名
受講料 12,000円
教材費(全員対象)

講座詳細

明治15年9 月より清国公使として北京に赴任していた武揚は明治17年1 月一時帰国、東京での伊藤博文、井上馨、山県有朋等の政治家、また、大倉喜八郎、渋沢栄一等の財界人との交流、そして、明治17年3 月、清・仏戦争が勃発。急ぎ北京に戻り、北京での各国公使との付き合い、清・仏戦争の経緯、さらに、天津条約に至る状況を(武揚と妻、多津)(武揚と姉、らく)(多津と姉、らく)との往復書簡により読み解きます。

講師

榎本隆充(エノモトタカミツ) 東京農業大学客員教授

【プロフィール】
1935年榎本武揚の曾孫として東京に生まれる。1989年梁川会会長。2001年東京農業大学客員教授。2007年開陽丸子孫の会会長。2008年武蔵野大学特別講師。現在、地方自治体、大学、歴史研究会等の講師として活動中。主な著作、「近代日本の万能人『榎本武揚』」(藤原書店)編著、「榎本武揚未公開書簡集」、「北海道不思議辞典」、「榎本武揚の妻多津」(新人物往来社)など。

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 10/6(火) 15:00~16:30 武揚と妻多津、武揚と姉らく、多津とらくとの往復書簡を読みます。 榎本 隆充
2 10/20(火) 15:00~16:30 武揚と妻多津、武揚と姉らく、多津とらくとの往復書簡を読みます。 榎本 隆充
3 11/17(火) 15:00~16:30 武揚と妻多津、武揚と姉らく、多津とらくとの往復書簡を読みます。 榎本 隆充
4 11/24(火) 15:00~16:30 武揚と妻多津、武揚と姉らく、多津とらくとの往復書簡を読みます。 榎本 隆充

受付終了

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.