複数受講割引対象講座 【W03】(冬)『宇治拾遺物語』をよむ

2015年冬

受付終了
講座番号 W03
開催日 2016/01/21 ~ 2016/03/03
曜日
時間 13:00 ~ 14:30
回数 全4回
定員 30名
最少催行人数 8名
受講料 12,000円
教材費(全員対象)

講座詳細

『宇治拾遺物語』は、200近い説話からなる鎌倉時代の説話集です。和文で書かれた説話には 独特の人間味があり、なかでも人を喰ったような話、醒めた語り口に、この説話集の特徴が よく表れていて、春・秋講座で読んでいる『今昔物語集』のエネルギーの満ちた話とはひと 味もふた味も異なる世界が広がっています。今回の話の舞台の平安時代、それらが書かれた 鎌倉時代を、歴史学を専門とする講師とともに旅しましょう。

講師

中込律子(ナカゴミリツコ) 学習院大学講師

【プロフィール】
1988年学習院大学大学院人文科学研究科史学専攻博士後期課程単位取得。博士(史学)。学習院大学・学習院女子大学・東京女子医科大学・東京農工大学非常勤講師。著書『平安時代の税財政構造と受領』(校倉書房),共著『王朝の権力と表象』(森話社)・『王朝の変容と武者』(清文堂出版)・『人と動物の日本史』第2巻(吉川弘文館)など。

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 1/21(木) 13:00~14:30 猿沢の池の竜は昇ったか? 中込 律子
2 2/4(木) 13:00~14:30 なぜ道祖神が道命阿闍梨の法華経読経を聴聞できたか? 中込 律子
3 2/18(木) 13:00~14:30 藤大納言忠家が、一旦出家を思い立ったわけとは? 中込 律子
4 3/3(木) 13:00~14:30 藤大納言忠家が、一旦出家を思い立ったわけとは? 中込 律子

受付終了

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.