複数受講割引対象講座 【W19】(冬)漢詩鑑賞の手引き中唐の詩人たち

2015年冬

受付終了
講座番号 W19
開催日 2016/01/23 ~ 2016/03/05
曜日
時間 13:00 ~ 14:30
回数 全4回
定員 30名
最少催行人数 8名
受講料 12,000円
教材費(全員対象)

講座詳細

漢詩の名作を、毎回、じっくりと時間をかけて鑑賞していくこの講座、今回は、李白や杜甫が活躍した「盛唐」に続く時代、いわゆる「中唐」の4人の詩人を取り上げます。盛唐の詩人たちが打ち立てた輝かしい唐詩の世界を、彼らはどのような方向に発展させようとしたのでしょうか。詩人たちの新たなる挑戦の賜物を、ご一緒に味読してまいりましょう。

(冬)漢詩鑑賞の手引き

講師

円満字二郎(エンマンジジロウ) フリーライター・漢和辞典編集者

【プロフィール】
1991年より出版社編集部にて高校国語教科書、漢和辞典編集などを担当。2007年よりフリーライターとなる。著書「ひねくれ古典『列子』を読む」(新潮選書)、「漢字ときあかし辞典」(研究社)など。

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 1/23(土) 13:00~14:30 社会派詩人の挫折と再生——白楽天 円満字 二郎
2 2/6(土) 13:00~14:30 自然を愛して南国に死す——柳宗元 円満字 二郎
3 2/20(土) 13:00~14:30 「推敲」の語を生んだ苦吟の詩人——賈島 円満字 二郎
4 3/5(土) 13:00~14:30 神仙に愛されすぎた青年——李賀 円満字 二郎

受付終了

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.