複数受講割引対象講座 【039】中世ヨーロッパの歴史を読む(6)

2016年秋

受付終了
講座番号 039
開催日 2016/10/05 ~ 2016/11/30
曜日
時間 15:00 ~ 16:30
回数 全5回
定員 30名
最少催行人数 8名
受講料 15,000円
教材費(全員対象)
テキスト・教材:窓口購入できます
  • 中世ヨーロッパの歴史 (講談社学術文庫)1,400円

講座詳細

個別の出来事に一般的傾向が映っている。わたしは歴史をそういうふうに考えていて、いったん講義がはじまると、講師自身がおもしろくなって、出来事がこうも見える、ああも見えるといじくりまわす。絵も見えると、絵を持ち出す。今回の連続講座はこれで終わりです。よくお付き合いくださいました。ありがとうございます。

講師

堀越孝一(ホリコシコウイチ) 学習院大学名誉教授

【プロフィール】
1933年東京に生まれる。学習院大学名誉教授。テキストに掲げた著述の他『ブルゴーニュ家』(講談社現代新書)『わが梁塵秘抄』(図書新聞)など著述は多岐にわたるが、ホイジンガの『中世の秋』(中央公論新社)をはじめ翻訳物も数多い。とりわけ『ヴィヨン遺言詩注釈』は、著述と翻訳の両面にわたる大部の仕事で、1997年から2002年にかけて小沢書店から4冊本を出版。現在、悠書館から再刊中。また、『パリの住人の日記』訳注の仕事も開始。すでに第1巻、第2巻を八坂書房から刊行し、引き続き第3巻刊行の作業中。

堀越孝一先生

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 10/5(水) 15:00~16:30 ブルグーン家は北と南に領国が分かれていた。国家の経営はいかにあるべきか。フィリップ・ル・ボンの家来衆は賢かった。領国のすべてから均等に「金羊毛騎士」を選出し、その集会を侯の意思伝達と協議の場とすると決めた。 堀越 孝一
2 10/19(水) 15:00~16:30 シェイクスピアの『ヘンリー6 世』はなんと3 部作の長尺物。ランカスター家とヨーク家の杭争が彩りゆたかに描かれている。演劇に「ばら戦争」の現実が映っている。 堀越 孝一
3 11/2(水) 15:00~16:30 ピレネー山脈の東南麓ルシオンはアラゴン王領だったのをルイ11世がフランス王領に直した。ルイは即位してすぐ、ルシオンに兵を入れた。『ヴィヨン遺言詩集』が締め括りのバラッドでこの「いくさ旅」を歌っている。 堀越 孝一
4 11/16(水) 15:00~16:30 4 代目ブルグーン侯シャルルはフランス王国の枠取りのことなんか気にかけない。かれはフランスとドイツのあいだに王国をたてようとはかった。人はかれを「むこうみず」とあだなした。 堀越 孝一
5 11/30(水) 15:00~16:30 「専属臣従礼」などとめんどうなことはもういうなと、王に就任したばかりのルイはブルターン侯に釘を刺す。もう封建王制ではない。王と臣下の関係だとパンチをかませたかっこうである。 堀越 孝一

受付終了

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.