複数受講割引対象講座 【033】アナスタシア・ミステリー -本当は何があったのか?

2017年秋

受付終了
講座番号 033
開催日 2017/10/01 ~ 2017/12/17
曜日
時間 13:00 ~ 14:30
回数 全6回
定員 40名
最少催行人数 8名
受講料 19,440円
教材費(全員対象)

講座詳細

あのアナスタシアが帰って来る!! ロシア帝国のニコライ二世一家が、革命によりシベリアで処刑された(1918年)後、多数の皇子や皇女の生き残りと称する人々が世間を騒がせましたが、それらの中で最も有名なのは、1920年にベルリンに現れたアンナ・アンダーソンでしょう。彼女の「アナスタシア」としての真偽は、皇帝の莫大な財産も絡んで欧州の諸王室を紛糾させ、挙句は米映画「追想」のモデルとなって「20世紀最大の謎」の一つとして人々の記憶に永く留まるこ とになったのです。本講座では、彼女の数奇な生涯を華麗なるロマノフ王朝の「本当の」最終章として、その驚くべき結末を大河ドラマ風にお話して参ります。

講師

吉野忠彦(ヨシノタダヒコ) 日本・エストニア友好協会会長

【プロフィール】
1965年東京大学卒業後、日本興行銀行に入行し、三谷産業を経て現在フリー。1994年、ルクセンブルク大公国よりオフィシエ勲功賞を受勲。96 年から駐日ルクセンブルク大公国名誉副領事。上智大学、学習院女子大学で講義を行う。日本エストニア友好協会会長、湘南モーツァルト愛好会副会長、野村学芸財団理事。訳書に「ウィーン・フィルえぴそーど」(立風書房)など。

吉野忠彦先生

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 10/1(日) 13:00~14:30 ニコライとアレクサンドラ(前編) 吉野 忠彦
2 10/22(日) 13:00~14:30 ニコライとアレクサンドラ(後編) 吉野 忠彦
3 11/12(日) 13:00~14:30 「怪僧」ラスプーチン登場 吉野 忠彦
4 11/26(日) 13:00~14:30 ラスプーチンの暗殺とロマノフ王朝の終焉 吉野 忠彦
5 12/3(日) 13:00~14:30 アンナ・アンダーソンの登場と困惑・紛糾 吉野 忠彦
6 12/17(日) 13:00~14:30 アンナ・アンダーソンの死と最終解決 吉野 忠彦

受付終了

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.