複数受講割引対象講座 【035】モーツァルト「三大オペラ」とフランス革命
オペラでわかるヨーロッパ史 番外編

2017年秋

受付終了
講座番号 035
開催日 2017/09/16 ~ 2017/12/16
曜日
時間 13:00 ~ 14:30
回数 全3回
定員 40名
最少催行人数 8名
受講料 9,720円
教材費(全員対象)

講座詳細

オペラは、すべての芸術作品と同様、時代と深く結びついています。たとえばモーツァルトの晩年のオペラには、その時期に起こったフランス革命が見え隠れしています。この講座では、モーツァルトのいわゆる三大オペラ、「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」「魔笛」を題材に、オペラの内容が「革命」前後の時代をどう反映しているか探ります。

講師

加藤浩子(カトウヒロコ) 慶應義塾大学講師・音楽評論家

【プロフィール】
東京生まれ。慶応義塾大学大学院修了(音楽学専攻)。慶応義塾大学講師、音楽評論家。著書に「今夜はオペラ!」「ようこそオペラ!」(春秋社)、「バッハヘの旅」(東京書籍)、「ヴェルディ」(平凡社新書)、最新刊「オペラでわかるヨーロッパ史」(平凡社新書)ほか著書、共著多数。ヨーロッパへのオペラ、音楽ツアーの企画同行も行っている。
公式HP http://www.casa-hiroko.com/

加藤浩子先生 加藤浩子先生

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 9/16(土) 13:00~14:30 「フィガロの結婚」 フランス革命に火をつけたと言われているボーマルシェの原作戯曲の影響と、本作に見るフランス革命の影響を探る 加藤 浩子
2 11/11(土) 13:00~14:30 「ドン・ジョヴァンニ」 有名なプレイボーイの物語の影に隠れた、階級闘争を読み取る 加藤 浩子
3 12/16(土) 13:00~14:30 「魔笛」 庶民向けのメルヘンが予告する、「フランス革命後」の市民社会を考える 加藤 浩子

受付終了

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.