複数受講割引対象講座 【053】忘れられた貝原益軒の「老いと養生」「見る」ことから「考える」ことへ

2018年春

受付終了
講座番号 053
開催日 2018/08/07 ~ 2018/09/04
曜日
時間 10:40 ~ 12:10
回数 全4回
定員 30名
最少催行人数 8名
受講料 12,960円
教材費(全員対象)

講座詳細

講義は現代人の「生と死」を、改めて自分の問題として再考してみましょう。「悠々自適は素晴らしい」と云う老人は、本当に自分の存在を確信しているのか。「退職後は自分の好きなことをして、楽に暮らす」これも真実なのか。健康食品・毎朝強歩・水泳・仲間との演歌などは、老人の生きる真の糧なのか。「老いの道」の真相を改めて「己の細道」を考えましょう。主題は、江戸時代に活躍した貝原益軒の『楽訓』『養生訓』の主要な項目を紹介します。
「学ばざる人は、内にある楽を知らず。また、外なる楽を空しくす」避けることも出来ぬ「老い」の道を歩むのも必然。自分の細道を再考しましょう。

前半は「老いて下り坂ゆえの自由」「知る事より考える」「老いの目標は考えない」「口先神仏願望」「日本型現世利益主義」など、現在的な立場から講義後半は、益軒の『楽訓』『養生訓』の主要な部分を解説

*小澤富夫代先生担当講座012「続「松屋会記」:松屋久政の茶会記」もぜひご覧ください

講師

小澤富夫(オザワトミオ) 元玉川学園女子短期大学教授

【プロフィール】
1960年学習院大学大学院人文科学研究科修士課程修了。哲学博士。元玉川学園女子短期大学教授。著書「家訓」(講談社学術文庫)、「武家家訓遺訓集成」、「歴史としての武士道」(ぺりかん社)、「おとなの江戸東京ドリル」(共著、ダイヤモンド社)、「武士としては」(雄山閣)「戦国武将の遺言状」(文春新書)など。

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 8/7(火) 10:40~12:10 小澤 富夫
2 8/21(火) 10:40~12:10 小澤 富夫
3 8/28(火) 10:40~12:10 小澤 富夫
4 9/4(火) 10:40~12:10 小澤 富夫

受付終了

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.