複数受講割引対象講座 【010】徳川将軍直属の隠密・御庭番-その成立と探索の実際-

2018年秋

受付終了
講座番号 010
開催日 2018/10/13 ~ 2018/11/17
曜日
時間 15:00 ~ 16:30
回数 全2回
定員 30名
最少催行人数 8名
受講料 6,480円
教材費(全員対象)

講座詳細

御庭番は、江戸幕府の隠密としてその名称が広く知られていますが、活動の実態などは、あまり知られていないのが実状と思われます。御庭番は、将軍直属の隠密という点が、他の隠密とは異なる最大の特色でした。 今回は、徳川将軍家や「御庭番家筋」に伝来した確かな史料に基づいて、御庭番の創設過程、その組織・地位・職務を説明し、ついで、探索日記や探索報告書によって、隠密活動の実態を明らかにしていくつもりです。

講師

深井雅海(フカイマサウミ) (公財)徳川黎明会 徳川林政史研究所副所長

【プロフィール】
1948年広島県生まれ。国学院大学文学部卒業。徳川林政史研究所主任研究員、国学院大学栃木短期大学教授を経て、現在は聖心女子大学文学部教授を兼務する。専門は江戸の幕府政治に関する研究。著書『徳川将軍政治権力の研究』(吉川弘文館)、『図解・江戸城を読む』(原書房)、『江戸時代 武家行事儀礼図譜』全8巻(編著、東洋書林)、『江戸城』(中公新書)、『日本近世の歴史3綱吉と吉宗』(吉川弘文館)など。当研究所での研究テーマ 幕末評定所と林野法制に関する研究。

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 10/13(土) 15:00~16:30 広敷伊賀者と御庭番 深井 雅海
2 11/17(土) 15:00~16:30 御庭番の探索報告書 深井 雅海

受付終了

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.