複数受講割引対象講座 【058】『東京駅丸の内駅舎』と日本初の建築家「辰野金吾」
建築を見る!視る!観る!

2018年秋

受付終了
講座番号 058
開催日 2018/10/13 ~ 2018/11/10
曜日
時間 15:00 ~ 16:30
回数 全3回
定員 30名
最少催行人数 6名
受講料 9,720円
教材費(全員対象)

講座詳細

1914年(大正3年)に完成した東京駅は、戦災で失われたドーム屋根の改修も終わり外構も完成して皇居までのaxisも美しく、2012年に復活を遂げました。東京駅(赤レンガ丸の内駅舎)の外観を特徴づけている赤白のストライプ模様『辰野式』は今も健在です。設計者の辰野金吾は東京帝国大学建築学科1期生の一人として日本の近代建築の基礎を築いた建築家です。今回は東京駅丸の内駅舎を中心に建築散歩をしてその設計デザインの真髄に迫ります。

注意事項

10/27の校外講義は、天候などで変更の場合もあります。また現地までの交通費、美術館の入場料等は各自ご負担ください。

講師

小倉薫雄(オグラシゲオ) 建築家

【プロフィール】
1973年開成高校卒業。1980年武蔵野美術大学建築学科卒業。石井和紘建築研究所を経て、1987年(株)POWER STATIONを設立して独立(1級建築士事務所)、現在にいたる。住宅、別荘、茶室、ショールーム、オフィス、クリニック、レストランなどの企画、デザイン、設計、監理や海外ではミャンマー、タイ、中東クウェートなどの開発プロジェクトに参加し、その範囲は多岐に渡る。

小倉 薫雄

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 10/13(土) 15:00~16:30 東京駅丸の内駅舎と建築家辰野金吾について 小倉 薫雄
2 10/27(土) 15:00~16:30 見学会(東京駅丸の内駅舎とその周辺の建築) 小倉 薫雄
3 11/10(土) 15:00~16:30 見学会を終えて感想、スケッチ、写真などで講評 小倉 薫雄

受付終了

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.