複数受講割引対象講座 【010】刀剣と格付け

2019年秋

講座番号 010
開催日 2019/10/12 ~ 2019/12/07
曜日
時間 15:00 ~ 16:30
回数 全3回
定員 30名
最少催行人数 8名
受講料 9,720円
教材費(全員対象)

講座詳細

昨今は刀剣ブームと言われています。江戸時代においても、古刀、とくに名物刀剣は、その高い美術的価値が認められ、武家社会における重要な贈答品でした。では、どのような理由で、いかなる格付けの刀剣が用いられたのでしょうか。初回と2回目は、その実態を明らかにいたします。3回目は、8代将軍吉宗が行った、新刀奨励のための刀剣コンクールと、価値の低い刀剣を贈答に用いるように命じた刀剣改革について説明いたします。

講師

深井雅海(フカイマサウミ) (公財)徳川黎明会 徳川林政史研究所副所長

【プロフィール】
1948年広島県生まれ。国学院大学文学部卒業。徳川林政史研究所主任研究員、国学院大学栃木短期大学教授を経て、現在は聖心女子大学文学部教授を兼務する。専門は江戸の幕府政治に関する研究。著書『徳川将軍政治権力の研究』(吉川弘文館)、『図解・江戸城を読む』(原書房)、『江戸時代 武家行事儀礼図譜』全8巻(編著、東洋書林)、『江戸城』(中公新書)、『日本近世の歴史3綱吉と吉宗』(吉川弘文館)など。当研究所での研究テーマ 幕末評定所と林野法制に関する研究。

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 10/12(土) 15:00~16:30 将軍と大名家との刀剣贈答 深井 雅海
2 11/9(土) 15:00~16:30 尾張藩祖徳川義直の刀剣献上・贈与 深井 雅海
3 12/7(土) 15:00~16:30 将軍吉宗による刀剣コンクールと刀剣改革 深井 雅海

受講申込

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.