複数受講割引対象講座 【019】(冬)西田哲学入門『善の研究』を読む

2019年冬

講座番号 019
開催日 2020/03/01 ~ 2020/03/15
曜日
時間 13:00 ~ 14:30
回数 全3回
定員 38名
最少催行人数 8名
受講料 9,900円
教材費(全員対象)
テキスト・教材:窓口購入できます
  • 「西田幾多郎『善の研究』」(岩波文庫) 990円
    ISBN 978-4-00-331241-4
    (受講料と一緒に徴収いたします。)

講座詳細

西田幾多郎の『善の研究』(1911〔明治44〕)は西田哲学の第一の根本著であり、東西の異質な思惟の伝統をそれぞれのものとして受けとめ、すべての実在を「純粋経験」をもとにして説明しようとした画期的体系書であります。しかしその叙述は必ずしも平明とは言い難く、思わぬ陥穽も待ち受けています。そこで本講座では、御一緒に実際の文章を読み解きながら、西田哲学のユニークな発想とその原点を明らかにしたいと思います。

講師

酒井潔(サカイキヨシ) 学習院大学教授

【プロフィール】
1974年京都大学文学部哲学科卒業。1982年京都大学大学院文学研究科哲学専攻博士課程修了。日本学術振興会奨励研究員、京都女子大学専任講師、岡山大学助教授を経て1995年より学習院大学文学部哲学科教授。専攻は哲学・哲学史。ライプニッツ、カント、ハイデッガーを中心とした近現代ドイツ哲学が専門領域。現象学、形而上学、比較思想のアプロ―チから研究している。2009年~現在 日本ライプニッツ協会会長。2015年~現在 実存思想協会理事長。主な著書・訳書『自我の哲学史』(講談社)、『ライプニッツ』(清水書院)、『ライプニッツのモナド論とその射程』(知泉書館)、共編著『ライプニッツ読本』(法政大学出版局)、監修・共訳『ライプニッツ著作集第Ⅱ期』(全3巻・工作舎)、『論理学の形而上学的な始元諸根拠』(ハイデッガー全集第26巻 創文社)、共編著『改訂・考える福祉』(東洋館出版社)他。

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 3/1(日) 13:00~14:30 「序」を読む。 〔導入〕『善の研究』成立事情 酒井 潔
2 3/8(日) 13:00~14:30 「第一編 純粋経験」を読む 酒井 潔
3 3/15(日) 13:00~14:30 「第四編 宗教」を読む。 〔展望〕西田哲学とはなにか 酒井 潔

受講申込

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.