複数受講割引対象講座 【018】見て考えて楽しむ西洋美術【Zoom講座】
ローマ ― 美術史の旅

2021年秋

電話のみ受付
講座番号 018
開催日 2021/10/30 ~ 2021/12/11
曜日
時間 15:00 ~ 16:30
回数 全6回
定員 30名
最少催行人数 8名
受講料 19,800円
教材費(全員対象)

講座詳細

そろそろ久し振りにヨーロッパへ旅行したいなあなどと考えている人も多いことと思います。今回の講座ではそんな気分をちょっと先取りし、6日間のローマ美術巡りを企画してみました。実際の旅行のときはたいてい市内の地区ごとに見学して回るので、様々な時代のものがごちゃ混ぜになり、美術史的な流れが分りにくくなりがちです。
そこで、このバーチャルな旅行では、一日一時代、流れを追ってローマの美術を辿ることにします。建築、彫刻、絵画、工芸から、広場や公園、噴水、廃墟などなど、見るべきものは沢山ありますが、とりあえずテーマを絞って、6日間の日程を組んでみました。講師自身が撮影した写真をおもな材料としてローマの美術史的な見どころを紹介します。

講師

有川治男(アリカワハルオ) 学習院大学名誉教授

【プロフィール】
1979年東京大学大学院博士課程単位修得(美術史学)。在学中ミュンヘン大学留学。国立西洋美術館主任研究員をへて、1992年より学習院大学文学部助教授、96年より同教授。著書「カンディンスキー」「デューラー」「ベルリン美術館」など。近年の論文としては、ゴッホ、17世紀オランダ風景画について。学習院さくらアカデミー(旧・学習院生涯学習センター)では西洋美術の新しい見方全般について永年講座を担当している。

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 10/30(土) 15:00~16:30 1日目:ローマの街と美術の概略―地図を見ながら、とりあえず街を歩いてみる 有川 治男
2 11/6(土) 15:00~16:30 2日目:古代ローマ美術の偉大さ―フォロ・ロマーノ、パンテオンなどを巡る 有川 治男
3 11/13(土) 15:00~16:30 3日目:初期キリスト教美術の遺産―初期の教会でモザイク画などを見る 有川 治男
4 11/27(土) 15:00~16:30 4日目:ルネサンスのハイライト―ミケランジェロとラファエロの足跡を辿る 有川 治男
5 12/4(土) 15:00~16:30 5日目:バロック都市としてのローマ―ベルニーニとボッロミーニの仕事を見る 有川 治男
6 12/11(土) 15:00~16:30 6日目:19・20世紀美術と古代の再発見―近代建築巡りと近郊への遠足 有川 治男

電話のみ受付

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.