【021】見て考えて楽しむ西洋美術  【対面講座】
絵の中の家族と家庭

2022年秋

講座番号 021
開催日 2022/11/12 ~ 2022/12/10
曜日
時間 15:00 ~ 16:30
回数 全5回
定員 20名
最少催行人数 8名
受講料 16,500円
教材費(全員対象)

講座詳細

西洋絵画にはしばしば「家族」や「家庭」というテーマが登場します。「聖母 子」や「聖家族」は宗教画の中でもポピュラーな主題ですし、肖像画では「夫 婦の肖像」や「家族の肖像」は重要なジャンルとなっています。さらに風俗画 では王侯貴族から商人、農民まで、さまざまな階層の家族の姿、家庭の情景が 描かれています。この講座では、宗教画、肖像画、風俗画という領域を横断し て、絵画に表わされた家族や家庭の様相を眺めながら、ヨーロッパにおける 家族、家庭、夫婦、親子の関係、さらに広く男女の関係について考えてみます。

この講座は学習院大学南1号館の教室で行います。

注意事項

この講座は2019年冬講座(コロナ禍により2回まで実施して中止) をあらためて行なうものです。第1回、第2回は2019年のものとほ ぼ同じ内容になります。

講師

有川治男(アリカワハルオ) 学習院大学名誉教授

【プロフィール】
1979年東京大学大学院博士課程単位修得(美術史学)。在学中ミュンヘン大学留学。国立西洋美術館主任研究員をへて、1992年より学習院大学文学部助教授、96年より同教授。著書「カンディンスキー」「デューラー」「ベルリン美術館」など。近年の論文としては、ゴッホ、17世紀オランダ風景画について。学習院さくらアカデミー(旧・学習院生涯学習センター)では西洋美術の新しい見方全般について永年講座を担当している。

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 11/12(土) 15:00~16:30 家族の肖像 有川 治男
2 11/19(土) 15:00~16:30 男と家庭 有川 治男
3 11/26(土) 15:00~16:30 女性の仕事 有川 治男
4 12/3(土) 15:00~16:30 女性の領域 有川 治男
5 12/10(土) 15:00~16:30 キスする人々 有川 治男

受講申込

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.