【024】三木清・和辻哲郎・九鬼周造 ―京都学派シリーズ4  【Zoom講座】

2022年秋

講座番号 024
開催日 2022/10/29 ~ 2022/12/10
曜日
時間 13:00 ~ 14:30
回数 全3回
定員 20名
最少催行人数 8名
受講料 9,900円
教材費(全員対象)

講座詳細

西田幾多郎は京都帝国大学での十八年間に「絶対無」の哲学を確立しましたが、 同時にその門下や若手同僚から多くの個性ある思想家を輩出しました。この秋 講座では、そのなかでも独自の学風と業績とともに今日でも多くの読者を得て いる三木清(1897-1945)、和辻哲郎(1889-1960)、九鬼周造(1888-1941)の 三人を取り上げます。それぞれドイツに留学し、ハイデッガー現象学を受容す ると同時に、日本の伝統的な思想や美意識に積極的な意味を見出そうとした 彼らの足跡をたどりながら、あらためて西洋哲学の特徴について考えます。

注意事項

*本講座は「京都学派シリーズ4」ですが、今回初めて受講される方 にも十分配慮いたします。

*参考文献:和辻哲郎『風土―人間学的考察』(岩波文庫)1,111円

講師

酒井潔(サカイキヨシ) 学習院大学名誉教授

【プロフィール】
1974年京都大学文学部哲学科卒業。1982年京都大学大学院文学研究科哲学専攻博士課程修了。日本学術振興会奨励研究員、京都女子大学専任講師、岡山大学助教授を経て1995年より学習院大学文学部哲学科教授。専攻は哲学・哲学史。ライプニッツ、カント、ハイデッガーを中心とした近現代ドイツ哲学が専門領域。現象学、形而上学、比較思想のアプロ―チから研究している。2009年~現在 日本ライプニッツ協会会長。2015年~現在 実存思想協会理事長。主な著書・訳書『自我の哲学史』(講談社)、『ライプニッツ』(清水書院)、『ライプニッツのモナド論とその射程』(知泉書館)、共編著『ライプニッツ読本』(法政大学出版局)、監修・共訳『ライプニッツ著作集第Ⅱ期』(全3巻・工作舎)、『論理学の形而上学的な始元諸根拠』(ハイデッガー全集第26巻 創文社)、共編著『改訂・考える福祉』(東洋館出版社)他。

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 10/29(土) 13:00~14:30 三木清の人間論
『パスカルに於ける人間の研究』(1926)
酒井 潔
2 11/19(土) 13:00~14:30 和辻哲郎の比較思想論
『風土―人間学的考察』(1935)
酒井 潔
3 12/10(土) 13:00~14:30 九鬼周造の芸術論
『いきの構造』(1930)
酒井 潔

受講申込

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.