【016】見て考えて楽しむ西洋美術  【対面講座】
絵の中の動物たち

2022年冬

もうすぐ受付
講座番号 016
開催日 2023/02/18 ~ 2023/03/11
曜日
時間 15:00 ~ 16:30
回数 全4回
定員 20名
最少催行人数 8名
受講料 13,200円
教材費(全員対象)

講座詳細

西洋絵画の中には様々な動物たちが登場します。牛、馬、驢馬、羊、犬、猫、鼠、狼、猿、兎、栗鼠、ライオンなどから、鳥や魚まで。それらは、宗教画、神話画、歴史画、肖像画、風景画、静物画といった、絵画のあらゆる分野に描かれます。この講座では、古代から現代まで、西洋絵画に描かれた動物たちにかかわる四つの話題を通して、絵画の主題と動物との関係を検討するとともに、ヨーロッパの歴史・文化の中での動物の役割全般について考えてみます。

この講座は学習院大学南1号館の教室で行います。

講師

有川治男(アリカワハルオ) 学習院大学名誉教授

【プロフィール】
1979年東京大学大学院博士課程単位修得(美術史学)。在学中ミュンヘン大学留学。国立西洋美術館主任研究員をへて、1992年より学習院大学文学部助教授、96年より同教授。著書「カンディンスキー」「デューラー」「ベルリン美術館」など。近年の論文としては、ゴッホ、17世紀オランダ風景画について。学習院さくらアカデミー(旧・学習院生涯学習センター)では西洋美術の新しい見方全般について永年講座を担当している。

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 2/18(土) 15:00~16:30 動物大集合 ― 楽園、ノアの方舟から動物園まで 有川 治男
2 2/25(土) 15:00~16:30 犬 ― 絵画に見る人間と犬の歴史 有川 治男
3 3/4(土) 15:00~16:30 猫 ― 美術の中の猫派と犬派 有川 治男
4 3/11(土) 15:00~16:30 ライオンと小鳥 ― 動物とジェンダー 有川 治男

もうすぐ受付

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.