【030】カント『人倫の形而上学の基礎づけ』を読む  【Zoom講座】
カント生誕三百年を記念して

2023年冬

講座番号 030
開催日 2024/03/02 ~ 2024/03/16
曜日
時間 13:00 ~ 14:30
回数 全2回
定員 30名
最少催行人数 8名
受講料 6,600円
教材費(全員対象)

講座詳細

2024年はカント生誕三百年にあたります(1724.4.22-1804.2.12.)。カ ントほど日本でその名が知られている哲学者はいないでしょう。そして明 治以来最も親しまれてきた彼の著作は、『純粋理性批判』等の三批判書以上 に、『人倫の形而上学の基礎づけ』(Grundlegung zur Metaphysik der Sitten, 1785)でした。その主題は道徳論ですが、簡潔さと分かり易さもあ り、カント哲学全体への入門書としてドイツでも日本でもひろく読まれて きました。本講座では、まず、「自律」、「定言命法」、「人格」などの主要概念、 およびそれらの後代への影響について解説します。次に、実際に『人倫の形 而上学の基礎づけ』(邦訳)からいくつかの箇所を読み、われわれの先人たち 講 師 酒井 潔 PROFILE P.42~ が何に感動したのか、あらためて想起したいと思います。

注意事項

講師がプリントを用意いたします。
また、参考文献については講座中にその都度ご案内します。

講師

酒井潔(サカイキヨシ) 学習院大学名誉教授

【プロフィール】
1974年京都大学文学部哲学科卒業。1982年京都大学大学院文学研究科哲学専攻博士課程修了。日本学術振興会奨励研究員、京都女子大学専任講師、岡山大学助教授を経て1995年より学習院大学文学部哲学科教授。専攻は哲学・哲学史。ライプニッツ、カント、ハイデッガーを中心とした近現代ドイツ哲学が専門領域。現象学、形而上学、比較思想のアプロ―チから研究している。2009年~現在

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 3/2(土) 13:00~14:30 カント『人倫の形而上学の基礎づけ』(1785)について 酒井 潔
2 3/16(土) 13:00~14:30 『人倫の形而上学の基礎づけ』を読む 酒井 潔

受講申込

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.