【207】多元的なアメリカの司法制度  【対面講座】
憲法が統治機構に期待する「対話」と「熟議」

2024年春

講座番号 207
開催日 2024/08/08
曜日
時間 10:40 ~ 14:45
回数 全2回
定員 30名
最少催行人数 8名
受講料 6,600円
教材費(全員対象)

講座詳細

憲法は、権力分立という原則に基づいて、一つの統治機構が「絶対的な権力」を掌握しないよう、複数の統治機構が相互に「対話」を繰り返すことで「抑制と均衡」を実現するという理念を掲げています。さらに望ましいのは、それぞれの統治機構の中でも、じっくりと対話を重ね、慎重に議論をした上で結論に到達し、その「熟慮」の成果を人々に、他の統治機構に、そして、世界に対してきちんと説明すること…… アメリカ合衆国憲法は、立法府と執行府と司法府の「抑制と均衡」という骨組みを準備しただけでなく、連邦と州との対話も想定していました。が、この仕組みを運用するのは「人」。なかなか理念通りには動きません。

※下記のような方々をお待ちしています
  ・留学や海外駐在の予定のある方
  ・米の連邦と州の裁判所の関係がピンと来ない
  ・11月の大統領選挙を控えてトランプさんの訴訟がどうなっているのか疑問 等々。

講師

紙谷雅子(カミヤマサコ) 学習院大学名誉教授

【プロフィール】
東京大学大学院法学政治学研究科修了(法学博士)。1992年10月から学習院大学法学部教授。専攻は英米法。東京大学に提出した博士論文ではアメリカ合衆国の表現の自由に関する場所の理論である「パブリック・フォーラム」について検討し,ケンブリッジ大学ではイングランド議会における議会と議会特権について,コロンビア大学では合衆国最高裁判所の裁判管轄権の変遷について研究した。最近公表された論文としては,日本の弁護士会の懲戒権に関するDisciplinary Procedures, 49 Journal of Japanese Law 77 (June 2020), 連邦の裁判所が連邦の行政機関に対して連邦法や行政決定の執行停止を命じる「『全国的な』差止命令の射程」学習院法務研究14号1頁(2020年1月),アメリカ合衆国における裁判所と仲裁機関との関係についての「連邦仲裁法の規定と契約上の仲裁条項にも関わらず,仲裁に委ねる根拠がないと,裁判所が判断することは可能か」『法律ひろば』73巻1号52頁(2020年1月),法廷,とくに合衆国最高裁判所における発言とジェンダーの関係についての研究を紹介した「法廷で裁判官の発言を遮るのは誰?」[2018-2]アメリカ法286頁(2019年6月)などがある。

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 8/8(木) 10:40~12:10 憲法が想定した「権限配分」と時代の要請を 正当化した裁判所 紙谷 雅子
2 8/8(木) 13:15~14:45 「小さな連邦政府」と「州の主権」と選挙区割 紙谷 雅子

受講申込

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.