【213】古代ギリシア哲学を学びなおす  【対面講座】   NEW!
「善く生きる」とはなにか?

2024年春

講座番号 213
開催日 2024/08/09
曜日
時間 13:15 ~ 16:45
回数 全2回
定員 30名
最少催行人数 8名
受講料 6,600円
教材費(全員対象)

講座詳細

長らく、日本人の働き過ぎが問題視されています。このことは、世界的にも認知されているようで、「karoshi」という単語が2002年からオックスフォード英語辞典に掲載されています。「働いて、食べて、寝る」を繰り返すことが「よい人生」といえるのでしょうか。この講座では、古代ギリシアの哲学者ソクラテスの思想に触れ、現代の私たちにとっての「善く生きる」を考えます。

注意事項

テキストは担当者が作成したレジュメを配布いたします。

講師

本多慶輝(ホンダケイキ) 学習院大学助教

【プロフィール】
2009年立正大学文学部哲学科卒業。2022年学習院大学大学院人文科学研究科哲学専攻博士後期課程単位取得退学。2022年学習院大学文学部哲学科助教。専攻は古代ギリシア哲学で、特にプロティノスを研究している。また、2019年から哲学対話団体「Philo LABO」の代表として、哲学カフェを開催している。主な論文「プロティノスにおける「死体」と
「糞尿」─感覚界における階層─」(『学習院大学人文科学論集』29、2020年)、「プロティノスにおける哲学者」(『立正大学哲学会紀要』16、2021年)など。

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 8/9(金) 13:15~14:45 古代ギリシアにおける「人間の徳」 本多 慶輝
2 8/9(金) 15:15~16:45 ソクラテスと「善く生きる」 本多 慶輝

受講申込

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.