【230】古典芸能への誘い、第3弾 雅楽の世界~雅楽の世界~  【対面講座】   NEW!

2024年春

講座番号 230
開催日 2024/09/03
曜日
時間 15:15 ~ 17:15
回数 全1回
定員 50名
最少催行人数 8名
受講料 3,850円
教材費(全員対象)

講座詳細

「古典芸能への誘い」も第3弾を迎えることになりました。第1弾の「平家琵琶」、第2弾の「能・謡曲」に続くもので、宮中の雅な音色にひたってください。各地で演奏活動をしている上野雅楽会の方々をお招きして、装束を付けた所作で演奏して頂きます。演目には「平家物語」でおなじみの「千手前」に関わる場面もあります。普段なかなか体験できない世界に是非ともご参加ください。

講師

関幸彦(セキユキヒコ) 前日本大学教授

【プロフィール】
1985年学習院大学大学院人文科学研究科博士後期課程単位 修得。日本大学教授。学習院女子大学非常勤講師。著書「英 雄伝説の日本史」(講談社)、「武士の誕生」(講談社)、「百人一 首の歴史学」(吉川弘文館)、「鎌倉とはなにか」(山川出版社)、「その後の東国武士団」(吉川弘文館)、「刀伊の入寇」(中公新書)、「武家か天皇か」(朝日選書)、『藤原道長と紫式部』(朝日新聞出版)など。

関 幸彦

野田知宏(ノダトモヒロ) 上野雅楽会代表

【プロフィール】
1979年愛知県生まれ。鶴見大学文化財学科ならびに同大学院を卒業。文化財学修士。大学在学中より雅楽を始める。篳篥ならびに雅楽全般・神楽歌を宮内庁式部職楽部元楽長の安倍季昌・山田文彦。舞を元首席楽長の東儀俊美各氏に師事。上野雅楽会代表。日本伝統舞台藝術代表。これまでに大永二年綾小路資能筆和歌披講譜の復曲。女楽「右京大夫残照~和歌をうたう」
にて西園寺実宗役で篳篥・朗詠担当(三越劇場)。源氏物語女楽六條院の薫物合せ(紀尾井ホール)等出演。白山神社はくさん雅楽会篳篥講師。

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 9/3(火) 15:15~17:15 関 幸彦
野田 知宏

受講申込

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.