【237】戦争と平和の漢詩を読む   【対面講座】

2024年春

講座番号 237
開催日 2024/08/07
曜日
時間 10:40 ~ 16:45
回数 全3回
定員 30名
最少催行人数 8名
受講料 9,900円
教材費(全員対象)

講座詳細

漢詩といえば雄大な自然をうたうイメージがありますが、社会問題を鋭く指摘するのも漢詩の役割です。古来、戦争の悲惨さを描いたり、平和を望む気持ちをうたった作品は少なくありません。日本の8月は、戦 争と平和について思いをいたす時期。長短さまざまな「反戦」の漢詩を通じて、古今変わらぬ人々の思いを感じ取ってみましょう。

講師

円満字二郎(エンマンジジロウ) フリーライター・漢和辞典編集者

【プロフィール】
1991年より出版社編集部にて高校国語教科書、漢和辞典編集などを担当。2007年よりフリーライターとなる。著書「ひねくれ古典『列子』を読む」(新潮選書)、「漢字ときあかし辞典」(研究社)など。

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 8/7(水) 10:40~12:10 十万の軍、零落して尽く
――戦禍の苦しみの諸相
円満字 二郎
2 8/7(水) 13:15~14:45 白骨、人の収むる無し
――庶民の姿をリアルに描く
円満字 二郎
3 8/7(水) 15:15~16:45 金を生ずれば競ひ争はん
――戦うことは愚かしい
円満字 二郎

受講申込

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.