複数受講割引対象講座 【033】西洋美術の文法入門第4部―西洋美術の全体像:展開篇

2011年秋

受付終了
講座番号 033
開催日 2011/10/05 ~ 2011/11/30
曜日
時間 18:45 ~ 20:15
回数 全8回
定員 50名
最少催行人数 8名
受講料 24,000円
教材費(全員対象)

講座詳細

2010年の春期講座から始まった4期連続の講座「西洋美術の文法入門」の最終第4期です。ここまでは、第1期:基礎篇、第2期:歴史篇、第3期:総合篇において、西洋絵画を様々な視点から見てきましたが、第4期:展開篇では、美術の他の分野、すなわち建築、彫刻、工芸、写真などを対象とします。これまで扱ってきた絵画のように、それらの分野にも文法や約束事があるのでしょうか?絵画とそれらの分野との間の歴史的な関係も踏まえながら考えてみます。さらに、絵画、彫刻、工芸といった分野の間の境界が限りなく曖昧になった現代美術についても触れる予定です。第1期~第3期を聴いてこられた方には、西洋美術全体へ視野を広げるという意味を持ちますし、また、新たに今回の講座のみお聴きになる方にとっては、現代美術をも含めた西洋美術全体の理解への入口となることでしょう。

講師

有川治男(アリカワハルオ) 学習院大学名誉教授

【プロフィール】
1979年東京大学大学院博士課程単位修得(美術史学)。在学中ミュンヘン大学留学。国立西洋美術館主任研究員をへて、1992年より学習院大学文学部助教授、96年より同教授。著書「カンディンスキー」「デューラー」「ベルリン美術館」など。近年の論文としては、ゴッホ、17世紀オランダ風景画について。学習院さくらアカデミー(旧・学習院生涯学習センター)では西洋美術の新しい見方全般について永年講座を担当している。

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 10/5(水) 18:45~20:15 西洋美術の諸分野(1):古代から19世紀まで 有川 治男
2 10/12(水) 18:45~20:15 建築:美術を統合するもの 有川 治男
3 10/19(水) 18:45~20:15 彫刻:人体の表現の移り変わり 有川 治男
4 10/26(水) 18:45~20:15 工芸:装飾と工芸 有川 治男
5 11/2(水) 18:45~20:15 写真:写真の登場と絵画の変容 有川 治男
6 11/9(水) 18:45~20:15 西洋美術の諸分野(2):19世紀から20世紀前半まで 有川 治男
7 11/16(水) 18:45~20:15 新しい諸領域:オブジェ、インスタレーション、ビデオetc. 有川 治男
8 11/30(水) 18:45~20:15 西洋美術の諸分野(3):20世紀半ば以降 有川 治男

受付終了

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.