複数受講割引対象講座 【024】歴史の証人(2)榎本武揚の清国公使時代

2015年春

受付終了
講座番号 024
開催日 2015/04/14 ~ 2015/05/26
曜日
時間 15:00 ~ 16:30
回数 全4回
定員 60名
最少催行人数 8名
受講料 12,000円
教材費(全員対象)

講座詳細

榎本武揚は(明治15年〜18年)清国公使として北京に赴任いたします。明治18年天津条約締結後10月に帰国するまで、清国代表、李鴻章との外交交渉、各国公使館との付き合い、また、東京の留守宅との往復書簡により、当時の東京、北京の政情、民情等、さらに天津条約締結直前に北京に赴任した伊藤博文大使の動向を読み解きます。そして今回は、武揚に同行した北京の妻、多津と、東京留守宅の姉、らく、との往復書簡により女性の目から見た当時の状況も併せて解説いたします。

歴史の証人(2)

講師

榎本隆充(エノモトタカミツ) 東京農業大学客員教授

【プロフィール】
1935年榎本武揚の曾孫として東京に生まれる。1989年梁川会会長。2001年東京農業大学客員教授。2007年開陽丸子孫の会会長。2008年武蔵野大学特別講師。現在、地方自治体、大学、歴史研究会等の講師として活動中。主な著作、「近代日本の万能人『榎本武揚』」(藤原書店)編著、「榎本武揚未公開書簡集」、「北海道不思議辞典」、「榎本武揚の妻多津」(新人物往来社)など。

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 4/14(火) 15:00~16:30 榎本 隆充
2 4/28(火) 15:00~16:30 榎本 隆充
3 5/12(火) 15:00~16:30 榎本 隆充
4 5/26(火) 15:00~16:30 榎本 隆充

受付終了

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.