複数受講割引対象外講座 【S01】アメリカの最高裁【Zoomウェビナー講座】
どこが日本の最高裁と違うのか

2020年冬

講座番号 S01
開催日 2021/02/20
曜日
時間 13:30 ~ 15:00
回数 全1回
定員 100名
最少催行人数 15名
受講料 1,650円
教材費(全員対象)

講座詳細

2020年9月18日に87歳のルース・ベーダー・ギンズバーグ(RBG)、アメリカの連邦最高裁判所裁判官が在職のまま、亡くなり、その死を悼み、大勢の若者たちが最高裁の建物を徹夜で取り囲みました。人気ラッパーの名前を換骨奪胎した「あの悪名高いR.B.G.」は人気ブログから書籍化されて、ベストセラーになり、何種類ものT シャツやマグカップが売られています。裁判官がアイドルになるような最高裁って?ちょっと探ってみませんか?

注意事項

複数受講割引対象外講座

講師

紙谷雅子(カミヤマサコ) 学習院大学法学部教授

【プロフィール】
東京大学大学院法学政治学研究科修了(法学博士)。1992年10月から学習院大学法学部教授。専攻は英米法。東京大学に提出した博士論文ではアメリカ合衆国の表現の自由に関する場所の理論である「パブリック・フォーラム」について検討し,ケンブリッジ大学ではイングランド議会における議会と議会特権について,コロンビア大学では合衆国最高裁判所の裁判管轄権の変遷について研究した。最近公表された論文としては,日本の弁護士会の懲戒権に関するDisciplinary Procedures, 49 Journal of Japanese Law 77 (June 2020), 連邦の裁判所が連邦の行政機関に対して連邦法や行政決定の執行停止を命じる「『全国的な』差止命令の射程」学習院法務研究14号1頁(2020年1月),アメリカ合衆国における裁判所と仲裁機関との関係についての「連邦仲裁法の規定と契約上の仲裁条項にも関わらず,仲裁に委ねる根拠がないと,裁判所が判断することは可能か」『法律ひろば』73巻1号52頁(2020年1月),法廷,とくに合衆国最高裁判所における発言とジェンダーの関係についての研究を紹介した「法廷で裁判官の発言を遮るのは誰?」[2018-2]アメリカ法286頁(2019年6月)などがある。

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 2/20(土) 13:30~15:00 紙谷 雅子

受講申込

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.