【027】モーツァルトなどを生んだ ザルツブルクの社会史をたどる
  【対面講座】   【Zoom講座】

2022年秋

講座番号 027
開催日 2022/10/15 ~ 2022/11/26
曜日
時間 15:00 ~ 16:30
回数 全3回
定員 20名
最少催行人数 8名
受講料 9,900円
教材費(全員対象)

講座詳細

音楽家モーツァルトが生まれ、小説家シュテファン・ツヴァイクが滞在 し、錬金術師パラケルススが亡くなったザルツブルクは、「白い黄金」た る塩を経済基盤とし、キリスト教の大司教が治めていた聖界領邦でし た。今も魅力を放ち続けるこの「くに」の歴史を、社会史的な視点にこ だわりながらたどっていきましょう。

この講座は学習院大学南1号館の教室で行います。

講師

後藤秀和(ゴトウヒデカズ) 慶應義塾大学講師

【プロフィール】
1997年学習院大学文学部史学科卒業。2000年学習院大学人文科学研究科史学専攻博士前期課程修了。元学習院大学文学部助手。専門はヨーロッパ近世近代社会史。テーマとしては食・動物・家畜・農村世帯構造など、地域としてはザルツブルク(オーストリア)に重点をおいて研究を進めている。慶應義塾大学、日本大学非常勤講師。「聖界領邦ザルツブルクとその世俗化」大津留厚・水野博子・河野淳・岩崎周一編『ハプスブルク史研究入門』(昭和堂)

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 10/15(土) 15:00~16:30 ユウァウムからザルツブルクへ:
アルプス東麓におけるキリスト教布教の拠点形成
後藤 秀和
2 11/12(土) 15:00~16:30 フランク王国時代から叙任権闘争まで:
直属司教区という例外現象
後藤 秀和
3 11/26(土) 15:00~16:30 聖界領邦形成への道:
レガーリエンの付与とバイエルンからの分離
後藤 秀和

受講申込

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.