【034】《トリスタンとイゾルデ》の魅力   【対面講座】
新国立劇場での鑑賞に向けて

2023年冬

講座番号 034
開催日 2024/03/02
曜日
時間 13:00 ~ 16:30
回数 全1回
定員 30名
最少催行人数 8名
受講料 6,600円
教材費(全員対象)
テキスト・教材:窓口購入できます
  • オプション企画「トリスタンとイゾルデ」鑑賞チケット代 24,130円円
    ※オプション企画「ファルスタッフ」鑑賞チケットの申込みは、「購入有無欄」の「購入する」に必ずチェックを入れてください。

講座詳細

リヒャルト・ワーグナーの《トリスタンとイゾルデ》は、オペラの歴史 を変えた革新的な作品として知られます。なぜ《トリスタン》は革新的 だったのでしょうか。そして物語のルーツはどこに? この度、新国立 劇場で13年ぶりの上演を迎えるのを機に、解説と鑑賞会を企画いたし ました。ぜひこの機会に、奥の深い本作の魅力を知っていただきたく思 います。

この講座は学習院大学南1号館の教室で行います。

注意事項

オプション企画「トリスタンとイゾルデ」鑑賞について
日時:2024年3月17日(日)14:00開演 於新国立劇場
費用:24,130円(内訳チケット代23,760円【A席】+郵送代370円、受講料 と一緒に徴収いたします。)
申込締切日:2024年3月2日(土)
*講座申込時に一緒にお申し込みください。
*オプション企画費用には、オペラ鑑賞に関わる飲食代・交通費などの費用は含みません。
*ご購入いただいたチケットは、キャンセルができません。予めご了承ください。

講師

加藤浩子(カトウヒロコ) 音楽評論家

【プロフィール】
東京生まれ。慶応義塾大学大学院修了(音楽学専攻)。音楽評論家。著書に『今夜はオペラ!』『ようこそオペラ!』(春秋社)、『バッハヘの旅』(東京書籍)、『ヴェルディ』『オペラでわかるヨーロッパ史』『バッハ』(いずれも平凡社新書)他多数。最新刊は『オペラで楽しむヨーロッパ史』(平凡社新書)ほか共著多数。ヨーロッパへのオペラ、音楽ツアーの企画同行も行っている。
公式HP http://www.casa-hiroko.com/

講座スケジュール

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 3/2(土) 13:00~16:30 ①13:00~14:30 ②15:00~16:30 加藤 浩子

受講申込

申込リストを確認する

<<講座一覧に戻る

↑ページの先頭へ

Copyright © 2008 Gakushuin Sakura Academy. All rights reserved.